読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害就労日誌

色々あるけどまぁ生きていこうじゃないかというブログです。

弊社のFAXが混み合っておりまして-社会と茶道の話

FAXの送信を忘れていました

今日は疲れたのでタラっとした話です。

金玉さん、今日もお仕事だったんですよ。そりゃもうモリモリと働いていたわけです。それでですね、他社さんから「アレのデータFAXで流してくれや」と言われてですね、「わかり、ダイレクトで流すんでよろ」みたいに返したんですけど、まぁやっぱり残念な人なので綺麗さっぱり忘れて仕事してまして。その後

「すいません、株式会社~の~ですが、借金玉さんご在席ですか?」

という電話が鳴ったわけです。この時点でピキーンですよ。完璧に忘れとった。2時間放置しとった。そんな切迫した案件ってわけでもないので激おこというわけではないだろうけど、やっぱりお願いされてたことを放置してたわけで。「申し訳ございません」の「も」まで口に出たわけですよ。

「大変申し訳ございません。弊社のFAXが大変混み合っておりまして、現在まだデータが受信出来ておりません。お手数をおかけして申し訳ありませんが、再送をお願い出来ませんでしょうか

と来たもんですよ。それも僕に「申し訳ございません」を言わせない絶妙な速度で。いや、久々に思いましたね。「こいつデキる」と。そういうわけで。

「承知いたしました。ただちに再送いたしますので少々お待ちいただけますか、いや申し訳ありません」

と返したわけですよ。

「どうぞお気になさらず、現在FAXは空いておりますのでよろしくお願いいたします」

という切り返しが来て、本当に感服しきりでしたね。この絶妙な呼吸。見事に空気と相手の立場を読みきった振る舞い。責めることも批判することもしないまま、むしろ相手を気遣いながら伝えたいことを伝える技量。これが出来れば社会をやっていける、という感じがヒシヒシしましたね。僕の定型発達者エミュレターもまだまだです。

 

 お作法の社会

社会というのは、わりとお作法の世界だと思います。場所によって多少は違えど、大体は「正しいお作法」があり、同時に臨機応変にそれを崩していくことが求められます。明文化された形式に従うのは無難な選択肢ではありますが、それだけでは粋で乙とは認められません。おもてなしの精神にも通じるものがありますね。

僕は、人生を通じてこの概念が大変に嫌いでした。「空気読み天下一武道会かよ」などと毒づき、意図的に人生から遠ざけてきました。明文化出来ないものを教えようとする人間は全員詐欺師だ。マニュアル一冊にまとめろ。全部定型化しろ。再現性を100%にしろ。空気読みは定型発達者だけでやってろ、俺を巻き込むな。そのように考えて来ました。

しかし、前回書いたエントリのようにボッコボコに社会に打ちのめされた今になると、「まぁそういう概念はあるし、ある程度はエミュレーション出来るようになった方がいいのかな」くらいに考えが変化しつつあります。

実際、前段の「弊社のFAXが混み合っておりまして」のような例に遭遇すると、「これは使えた方が絶対に便利だ」と思わずにはいられません。すごいですよね、相手がFAXを送り忘れたことなんて百も承知で敢えて「弊社のFAXが混み合っておりまして」と一歩引く。そして、僕が「申し訳ございません」と文脈を無視していきなりの謝罪を入れたら、「現在弊社のFAXは空いております」というピリっと毒の効いた切り返しを入れてくる。

僕は完全にしてやられたわけです。相手の言葉を要約すると「FAX送り忘れてんじゃねえよボケ」という意味なのは明白です。僕の「申し訳ございません」も「もってまわった言い回ししてんじゃねえよ、俺が忘れただけだよクソ」という切り返しです。しかし、そのささやかな反撃も「現在FAXは空いている」という更なる切り返しの前にやりこめられてします。

こんなの好意を抱くしかないですよね。「結構なお手前でした」としか言いようがない。

 

社会茶道

そういうわけで、このエントリは社会と「空気読み」を茶道に例えてみようというエントリなんですが、茶道の極意といえば「利休七則」が有名です。ちょっと引用してみますね。

1. 茶は服のよきように点て
2. 炭は湯の沸くように置き
3. 花は野にあるように生け
4. 夏は涼しく冬暖かに
5. 刻限は早めに
6. 降らずとも傘の用意
7. 相客に心せよ

このような概念が極意なわけですね。「はぁ?基本じゃね?」と言われた利休は「これ全部パーフェクトに出来んなら俺がおまえの弟子になってやるよ」と応えたそうです。いや、うろ覚えなんで適当ですけど大体そういうニュアンスだったはず。

1.はあれですよね、「茶は客に合わせてちょうどよく点てろ」ということですよね。自分の好みでやるのではなく、相手の好みに合わせろと。

2.はざっくり言うと「基本的なことをキチっとやれ」ってことですよね。

3.はあれですか、「余計なことすんな、過不足なくやれ」みたいな意味かな?

4.はもうそのままですよね。快適にやれるように気を使えと。

5.は「時間に余裕を持て」みたいな意味ですかね。「焦んな」みたいなニュアンスもあるかもしれない。

6.は「不測の事態は起きるから備えろ」ですよね。

7.はもうこれはそのままですね。同席させたらヤバい人間いますからね。話の持ってきかた一つで人間が戦争を始めるのなんてよくあることで。これだけ「心せよ」という強い言葉が使われてるのも、「クッソヤバイからな?」という利休さんの気持ちがうかがえますね。昔から人間は悪かったことがよくわかります。

なるほどなー、と思うわけです。極めて高度に抽象化されているけれど、確かにこの概念を展開していけば大半の「お作法」が説明出来てしまう。「お作法」は一問一答にすると情報量が膨大になりすぎるので、「極意」と言われればこのように抽象化するしかないというのがわかりますね。

まぁ、利休は「めっちゃ空気が読める」というスキルで歴史に名を残したマンなので、参考に出来るかは微妙なとこですが、とにかくこういう技術が存在することがよくわかります。利休七則を更に抽象化すると「しっかりやれ、空気読め」とかになるんでしょうけど、ここまで抽象化するともう意味わかりませんね。(こういうこと言う人いますけど)

 いや、良くできてますよね。利休七則。空気読めないマンが社会に適応する際の極意にもそのまま応用できると思います。出来るかはともかくとして。(出来ません)

 

社会は無限に続く茶道

で、そういう話なんですよね。どういう話だろう。今日は疲れているのであまりゴリゴリ書きたくないんですけど。要するに、社会ってこういう感じなんですよ。空気読んで、相手の立場を把握して、共感して、最適解を都度出力していくしかない。Aが発生したらBを出力!みたいなシンプルな一問一答を無限に積み上げても、到底極意に到達しないわけです。(もちろん、頻出問題に関しては一問一答の積み上げもそれはそれで大事だけど)

で、やっぱり僕はこの能力が非常に低いわけですよ。今日これ書いてても思うんですけど、FAXの話僕は「感動」と言ってもいいくらいの衝撃を受けたんですけど、もしかしたらここを読んでる皆さんの感想は「これくらい誰でも出来るっしょ」なのかもしれない。あるいは、「え、これのどこに感動する要素あるの?」という反応もあるかもしれない。他人のことは本当にわかんないですからね。

文章を書いてても思うわけですよ、「これ伝わるかな?」って。怖いですよね、文章書くの。だって、僕とは違う自己を持った皆さんが読むわけですよ。僕が想定したとおりになんか絶対伝わらないし、「なんでそんな読み方するんだよ!」みたいなのも、当然発生するわけです。(めっちゃしてる)

「茶は服の良いように点てよ」っていうあれですよ。「お客さんのことを考えて文章書け」って話ですけど、全員にとって服の良い文章なんか書けるかよって話ですよね。同様に、社会をやっているときもそうですよね。相手を見て、共感して、立場を読んで、最適になるように受け答えをするわけですけど、それでもいつも上手くなんか行くわけない。

 

やっていく気持ち

まぁ、そういうわけで本日の結論としてはね、やっていきましょうと、そういうことになるわけです。頑張って美味しいお茶を点てて、頑張って炭をちゃんとお湯が沸くように並べる努力をしましょうと。まぁ、具体的に言うとちゃんとカバンの中身を整理して、名刺を補充して、スーツのズボンにプレスをかけて、明日に備えようと。営業アポをちゃんと確認して、カブっちゃいけない人がカブることのないようにしようと。

 で、明日もなるべく上司には共感的に接して、ちゃんとした受け答えを頑張ろうと思うわけですよ。僕はそれが下手だけど、やるしかねえわなぁと。社会茶道、本当に曖昧で理不尽でクソだと思いますが、あれを全部無視して突き進む方針で負けたわけだから、とりあえずやるしかねえですねと思うわけですよ。

そして、いつか僕も誰かがFAXを送り忘れたときに「申し訳ございません、弊社のFAXが混み合っておりまして」と電話をかけたいですね。社会茶道の達人には多分なれないけど、なんとか社会茶道を一生懸命やろうとしている風には見てもらえるかもしれないですし。

やっていきましょう。

僕はジョブズではないということを理解するのに30年近くかかった話

さて、いよいよ新卒の皆さんもXデイが近づいて来ましたね

2月も半ばを過ぎました。このブログが始まってもう半月以上が過ぎたわけです。早いものですね。さて、新卒の皆さん、残った猶予時間も少なくなってきましたね。思い残すことはありませんか?十分にモラトリアムを満喫しましたか?泣いても笑ってもあと一ヶ月と少しです。悔いを残さないようにやりたいことをやってください。

僕も、3月に向けて新卒向けの「生存手引き書」シリーズを完結させる予定です。それに向けて、僕の失敗談を少し書き連ねて行こうと思います。

僕のキャリアは文句のつけようのないホワイト企業から始まりました。もちろんそれなりの激務感がゼロだったわけではありませんが、一般的な水準から見れば給与は高く、休みは多かったと思います。福利厚生はこれ以上ない水準で揃っており、教育環境は極めて高いレベルで完備され、正しく文句なしの職場でした。大学4年生の2月のあの浮かれた気分を僕は未だに覚えています。ついに俺はここまで登りつめたぞ、田舎者の発達障害者だってやれば出来るんだ。未来は希望に満ちていました。七転び八起きの人生だったけどやってやったぜ、そんな気持ちだったと思います。

それから約2年後、僕は職場から敗走することになります。もちろん、辞める前に起業資金やビジネスアイディアの段取りはつけていたし、新しい船出に燃えていたことも一つの事実ですが、それはそれとして僕は職場を辞めました。それは、僕の敗走人生の最も代表的なエピソードと言えると思います。

就職活動に成功した皆様、本当におめでとうございます。皆さんの未来が幸多いものになることを、僕は心から祈ります。皆様の本当の戦いはここから始まります。これは、新しい未来に船出する皆さんに贈る、敗残者からのエールです。

 

みんな能力が高いー退屈さと面白みのなさに強い

職場に入って一番先に思ったことは「こいつらみんな能力高え」ということでした。もちろん、能力の一番尖った部分で遅れを取る気はない、くらいの自負は僕にもありましたが、総合的な能力のバランスという面で僕は同期の中で圧倒的に劣っていたと思います。端的に言えば、能力のムラがあり過ぎました。

ホワイト企業の最も厄介な面はこれです。学歴はあって当たり前、その中で更に苛烈な選抜を潜り抜けてきた彼らは「出来て当たり前」なのです。もちろん、新卒にいきなり難度の高い仕事が回ってくることなどありません。しかし、「誰でも出来る仕事を効率よくこなす」という点で競い合った場合、能力ムラが大きく集中力にも難のある僕は圧倒的な遅れを取りました。

眠気。耐え難い眠気。僕があの職場にいた時の記憶の中で最も印象深いのがこれです。とにかく仕事に興味が持てず頭に入らない。そして、単調に続く事務作業の連続は、耐え難い眠気を僕に起こしました。また、僕は当時コンサータを入手することに成功しておらず、薬によるブーストをかけることも出来ませんでした。(後にこの症状はコンサータの投与で劇的な改善を見ることになるのですが、その時には全てが手遅れでした)

事務処理能力というのは残酷なジャンルです。素体スペックの差が隠しようもなく露呈します。何の面白みもなく、また仕事の全体像も見えないまま取り組む果てしない事務作業は、僕にとって最も適性のない仕事でした。しかし、ほぼ全ての同期は研修から配属初期に続くこのなんの面白みのない作業に難なく順応していきました。

当たり前です。僕のように中学校は半分以下の出席、高校は単位取得ギリギリのサボリ魔なんてバックボーンの人間はほとんどいなかったはずです。彼らは退屈さと面白みのなさを克服する訓練を果てしなく重ねてきた人間たちでした。その上、定型発達者でした。「こいつら本当に人間なのかよ」と思った記憶があります。しかし、彼らから見れば「人間ではない」のは僕の方だったでしょう。

僕は、人生のほとんどを「圧倒的に出遅れた後、後半で爆発的な加速をしてマクる」というパターンで乗り切って来ました。文句なしのスロースターターです。どこかで強烈な過集中がやってきて、全てをチャラにしてくれる。その繰り返しで生きてきました。中学も、高校も、入試も、大学も、就職活動も全てこのパターンでした。例えば、1年の期間で一定のタスクをクリアするのであれば、僕はその半分は浪費します。そして、誰もが「あいつはダメだ」と思った頃、強烈に加速してチギる。この繰り返しでした。そして、一番悪いことはそのパターンで新卒になるまではなんとかなってしまっていたことです。僕は「出遅れなんていつものこと。どうせ後半になればいつものアレがやってくる」という強い楽観を無意識のうちに持っていました。

しかし、仕事というのはそういうものではありません。特に、巨大なシステムの歯車として機能する事務職に於いては、そのようなやり方は一切通用しません。安定した出力を常時出し続けることこそが一番大事なのです。突出する必要はありません。安定感こそが最重要です。僕には危機感がまるで足りませんでした。そして、1年が経つ頃、僕はどこからどう見ても手遅れになっていました。

僕に仕事を教えようとする人間はおらず、また同情的に振舞う者もおらず、それでも職場は問題なく回っていました。一度掛け違えたボタンは時間の経過とともに加速度的に悪化し、二度と元に戻ることはありませんでした。全てが手遅れだったのです。

 

生意気だったー部族をナメていた

僕はこのブログで「部族に順応せよ」と繰り返し述べています。とにかく、部族の文化を尊重し、従順に振舞うこと。しかし、新卒の頃の僕の考え方はこれと全く逆のものでした。そんなものはくだらない、利益にもならない、順応や従属なんてのは情けない人間のやることだ。もちろん、ここまで明確に言語化されてはいませんでしたが、そういう風に考えていたと思います。だったらベンチャー行けって話ですよね。もしくは、営業の数字だけが正義の会社に飛び込めば良い。これは全くその通りで、何故そうしなかったのか未だに後悔があります。そういうタイプの会社の内定だって持っていたというのに。

僕は、10代から20代の始めまで「我を貫く」ことをモットーに人生を生きてきました。気に入らない教師や上司にはとことん逆らいましたし、人間関係も我を殺すくらいなら全て放棄してきました。その結果人間関係から放逐され孤独を味わうこともよくありましたが、その場合は「極力学校に行かない」「バイトはさっさと辞める」という最高の解決策がありました。授業なんか受けなくても自分でちょっと勉強すれば進級に困ることもありませんでした。(そもそも高校まで受験に一切関心を持っていなかったので、入った高校のレベルもとても低かった。高校選びは「家から近い」という理由だけでした)

最初に入った大学では見事に人間関係に殺されましたが、これも「退学して別の大学に通いなおす」という逃げが全てを解決してくれました。そして、入りなおした大学はそのような生き方こそ正しいという校風を持っており、僕のこの性向は大学卒業時に最も高まっていたと思います。(もちろん、僕は母校に感謝していますし、あの校風は素晴らしいと考えていますが、それはそれこれはこれ)

社会性を身につけるチャンスは、今思えばそれなりにはあったと思います。アルバイトだってかなりの数をしていました。しかし、アルバイトは所詮アルバイトだったんですよね。気に入らない先輩や上司がいれば喧嘩を吹っかけて辞めればいいだけのことでしたし、いくつも職場をホッピングすればそのうちに我を殺さなくていいところにあたります。無限にホッピング可能なアルバイトでは、僕は社会性を身につけるどころか反社会性を果てしなく強化しただけでした。

「退屈さと面白みのなさに耐える」ということもまるで身についていませんでした。当たり前ですよね。退屈で面白くなければすぐに逃げ出して次に行く人生だったんですから。礼儀や挨拶といった基本的なものもまるで出来ていませんでした。そんなものを求められたら即座に胸倉を掴みにかかるような人間でした。ここまで書いてきて、本当に恥ずかしいですね。しかし、言語化することにはそれなりの意味があるような気がします。

そういうわけで、僕は部族にグチャグチャに叩き潰されました。そのようにして、また僕は逃げ出したわけです。この頃の僕は、他人への共感性が限りなくゼロだったと思います。他人の立場なんてものを考えたことは一度もなかったかもしれない。「あの人にはあの人の苦労があるだろう」なんてことを考え始めたのは、自分自身で経営を行うようになって上司の立場になってからです。他人のことなんて考えたこともありませんでした。自分の正しさだけが世界の全てでした。

 

発達障害を甘く見ていたー自分が30歳になるなんて信じられなかった

僕は大学生の頃には自分が発達障害であることに気づいていました。通院もしていました。元来が躁鬱病を患っていたので、実のところを言えば大学時代からコンサータを飲むことは可能だったと思います。そして、そうしていればまた違う未来があったのかもしれません。しかし、これは本当に運が悪いことだと思うんですが、飲まなくても結構なんとかなってしまったんです。

もちろん、客観的に見れば高校は落第寸前の出席日数、人間関係はほぼ全てで破綻を繰り返しその度に別の場所に逃げる、定期的に躁鬱の波を繰り返し、薬物のオーバードーズと自殺未遂を繰り返す、明らかにダメです。でも、その破綻寸前の生活を僕はギリギリの線で乗り切ってしまいました。また、中途半端にテストの成績などは良かったため、問題が中々表面化しなかったのです。大学時代も薬物とアルコール、自殺未遂などは定期的にやらかしていましたが、「圧倒的に大学が楽しい」という事実が問題にフタをしてしまっていました。また、大学は圧倒的な規模があり人間関係を次から次へと乗り換えることが可能だったため、様々な問題を回避することが可能でした。

また、ある種そういった生き方に自分自身が酔っていた節も多大にあります。自己陶酔ですね。また、昔から僕は弁が立ったため、直面した大きな問題を口先だけで何とか乗り切ってしまえる最悪の能力がありました。そして、僅かはあるものの僕のそういった性向を承認してくれる人間の確保にも成功してしまっていました。彼らは僕が破滅的に振舞えば振舞うほど喜び、承認を与えてくれました。このようにして僕の反社会性は20代になっても衰えることなく保存されていったのだと思います。

僕は自分に30代があると思ったことがありませんでした。20代も後半にさしかかるまで、30代なんてのはおそらくない、自分は20代で死ぬ。そういう根拠のない確信を抱いて生きてきました。問題を解決する必要性すら感じていなかったのです。自分自身に大きな問題があることには気づいていました。いつかそれは避けようがなくやってくるだろう、とは思っていました。でも、その前に死ぬだろうとはもっと強く思っていました。根拠のない楽観と悲観を実に器用に使いこなして現実から逃避していたのだと思います。

ADHDという人生の問題と真正面から向き合ったのは、実はそれほど古い話ではありません。ほんの数年前の話です。定期的にきちんと医者に通い、服薬を欠かさず、様々な生活上の工夫を実践する、他者への共感的な振る舞いを試みる、定型発達者の考え方をエミュレートする。そのような習慣を身に着けたのは25歳を越えてからでした。もし、もっと早く僕が圧倒的に打ちのめされる機会に遭遇していれば、事態はここまで悪化しなかったのかもしれません。でも、気づいた時には全てが手遅れでした。逃げて逃げて逃げて、ついに逃げ切れなくなったときやっと人生の問題と向き合うことが出来たというのは、本当に最悪のことです。

 

生活習慣という概念を持っていなかった

僕は、今でもあまり褒められた生活習慣を持っているわけではありませんが、人生のある時期まで生活習慣を作るという概念を1ミリも持っていませんでした。眠りたい時に眠り、目が覚めているならいつまでも起き続けていました。躁鬱と不眠が事態を更に悪化させました。現在のような適切な睡眠薬の飲み方すら、20代の半ばになって身に着けたものです。僕にとって睡眠薬は人生のある時期まで、酒のツマミでした。

精神科に行くことと酒屋に行くことの区別がついたのは、二十歳を過ぎてからだと思います。現在、コンサータを飲むようになった僕は、適切な服薬の重要性を本当に強く認識しています。しかし、ある時期まで僕にとっての服薬とは人生の痛みを紛らわす酩酊物質を胃に放り込むことでしかありませんでした。

僕が新卒で会社に入った後の生活習慣は、平たく言って滅茶苦茶だったと思います。(まぁ、それ以前はもっと滅茶苦茶でしたが)帰宅するなり酒を煽り、明け方まで目を血走らせて過ごし、数時間の眠りについた後身体を引きずるように職場へ向かう。こんなコンディションで良い結果なんて出せるわけがないんです。自分の異常性に気づいたのは、深夜の3時にコンビニまで酒を買いに行って時でした。仕事の始まりまではあとほんの6時間です。8時には家を出なければいけないのに、酒を飲み始めてどうしようというんでしょうか。でも飲んでしまっていました。

部屋中に酒の空き缶が散らかり、電話口からの異常な様子に気づいた彼女が飛行機で駆けつけるまで僕はその生活を続けていました。彼女が激怒しながら処分した空き缶は、一番大きいゴミ袋に3袋という量だったのを今でも覚えています。机の上は空き缶の林のようになっていました。仕事を辞める、という判断は今考えると間違いではなかったかもしれません。その後の起業という判断も正解だったとは言い難いですが、あのままあの職場に残っても明るい未来はなかったでしょう。傷病手当や疾病休暇は取れたかもしれませんけどね。

 

僕はジョブズではないということにやっと気づいた

悲惨ですね。こうして言語化してみると、僕は実に模範的な死に方をしています。事態の表面化が遅れたため、最悪の時点で発達障害と向き合う羽目になったとも言えます。逆に言えば、この失敗を逆さにひっくり返すと多少は正しいやり方が出力されるのではないでしょうか。早期に自己の問題と正面から向き合い、対策を講じ、部族に対して、あるいは他者に対して共感的に従順に接する。あるいは自己の適性に見合った職場に就く。それだけのことが出来ればもっとマシな人生があったのかもしれません。

あなたがそうならないと本当に良いな、と思います。発達障害の発現形は実に人それぞれで、僕のライフハックが必ずしも通じるとは限りません。でも、少なくとも「僕はこのように失敗した」という知見をインターネットに撒き散らすことには僅かなりとも意義はあるのではないでしょうか。

今僕は、新しい職場にそれなりに適応できています。「なんでこんなことがほんの数年前の僕には出来なかったのだろう?」ととても不思議に思います。でも、出来なかったんです。もしかしたら、少し発達したのかもしれません。もしくは、経験が増えて対応力が向上したのかもしれません。でも、出来ることなら同じタイプの苦しみをここを読んでいる皆さんに味わって欲しくはないと思っています。

発達障害の特性を強く有したまま人生を駆け抜けていける人も稀にいます。それはそれでとても素晴らしいことです。しかし、僕を失敗に導いたのは、正しくそのような発達障害者達の神話でした。自分は突出した能力を持っていて、それ一つで社会を駆け抜けていけるのか、それとも「出来損ない」として社会に順応していく努力をしないと生きていけないのか。僕は今、明確に後者が自分であると認識して生きています。

僕はジョブズではない。エジソンでもない。社会の中で稼いで生きていくためには、己を社会の中に適応できる形に変化させていくしかない。言うなれば、呑み込むべき事実はたったそれだけなんです。それさえ出来れば、後は具体的にどうするかという戦略を組み立て、トライアンドエラーを繰り返すだけのことです。それだけのことを理解してこの文章を書けるようになるまでに、取り返しのつかない時間が浪費されました。なにをどう悔いても、時間は戻ってきません。20代は終わってしまいました。

とはいえ、僕はまだ人生を諦める気はありません。神話的な発達障害者になることを諦めただけです。地道に愚直に積み上げることを今更ながら目指すだけです。そして、あなたのお役にほんの少しでも立てればいいなぁ、と思います。(まぁ、もっともそれは主目的ではなく『書籍化』が大目標ですが。もっと言うなら「金と名誉」が目的そのものですが。それでも『善意だけでやってます』なんて人間よりよっぽどマシだと思いませんか?)

残念ながらまだまだ人生は続く。

やっていきましょう。

 

 

明日役立つブラック企業類型ガイド

ブラック企業にも色々ある

世の中にブラック企業はわりといっぱい存在し、いざ仕事を選ぶ段になると「コンプライアンス完璧」「労働法規は100%遵守」「パワハラ皆無」といった職場なんてほとんど無いのでは?という気持ちになります。たぶんその通りだと思います。じゃあ、ブラック企業が大体皆同じような存在か?と言われれば、それはまた違う。「幸福な人間は大体みんな似たようなもんだが、不幸な人間はめっちゃヴァリエーションある」みたいな話を誰かがしてましたが(誰だったっけ?)、ブラック企業も実に色々あるわけです。

「いちばんマシなブラック」を選ぶしかない局面というのは人生にわりと起こります。自分の適性をよく見極めたうえで適切に選ぶのがコツですね。

ブラック企業選びの軸には「完成度」と「儲かっているか」の二軸を採用します。

 

A 完成度が高く儲かっているブラック企業

わりと企業としては強いブラック企業になります。儲けのシステムがしっかり仕上がっている会社ですね。規模は概してデカく(このタイプの企業はスケールがある程度ないと成立しない)、経営者は結構いい暮らしをしています。「軍隊みたいな理不尽研修」「謎の社内ルール強制」「妙に高い給料」とかそういうのが特徴になりますね。お金があるからシステムを構築することが出来るパターンです。

こういう会社は、たいてい人間をいっぱい採用して過半数が短期間で退職していくというのを前提にシステムを構築しています。僕が知る限りですが、とにかく人間を「君ならやれる、君はすごい。是非弊社に!」と引きずり込む採用担当と、甘い夢を見て入社してきた新入りをとにかくシバキ上げてスキミングする教育担当に完全に役割が二分化されていることが多いです。

僕が知っている某社(現存)は、採用担当は「何人引きずりこめるか」のノルマを課されており、教育担当は「何人研修中に退職させられるか」のノルマを課されていました。すごいですね。この会社の幹部と友人だった時期があるんですが(酒席で殴りあいに発展して縁が切れた)「使えるバカを選別するシステム」と言ってました。こんなブログを将来書くことがわかっていたら、社会性をきちんと発揮して縁を維持しておくべきでしたね…。ちなみに僕は柔道2段ですが、彼も某武道モリモリ系大学で剣道をやっていたそうです。武道が人格を滋養しないという事実がよくわかりますね。

で、このヘルカンパニーの話をもう少しするんですが、この会社は結構よく出来ていて、新入りをまず2週間ほど泊り込みの研修にブチ込みます。その間とにかく理不尽を浴びせまくり、どんどん辞めていくに任せます。もちろん携帯電話などの外界と連絡できる手段は没収になります(途中で帰るのは完全自由、ただしその場合は帰りの交通費は自腹というシステムと聞きました)。

この研修を越えた新兵には次の試練が襲い掛かります。果てしなく続く「誰でも出来る仕事」で競い合う時間です。あんまり具体的に書くと訴状が飛んでくる可能性があるので控えますが、まぁとにかくそういう仕事を果てしなくやらされるわけです。この会社とは別の会社の例ですが、「町中の賃貸アパートを観察して空き室率が一定割合を越えるアパートを見つけて報告する」とかですね。

これがまた中々のものなのです。効率よくノルマを達成した人間はひたすら賞賛され、成績の悪い人間は朝礼などでボッコボコにされる。もちろん成績の悪い人間は退職していくことが前提になっています(というか残られると困る)。すると、ゲームに適応し結果を出す人間だけが最終的に残っていきます。彼らがブラック選別に耐えたブラックサバイバーたちです。ブラックという大釜で煮詰めに煮詰めて最後に抽出される一滴(3%を切ると思います)。大変有能な皆さんです。

企業経営者、それも学歴や金集め能力などを持たないタイプはこの手の選別を生き残った人間がそれなりの比率存在します。叩き上げタイプの社長ですね。彼らが世界に種としてバラまかれ、また新たなブラック企業が生まれます。これがブラック円環の理です。

実はこのタイプの企業は選択肢としては「ベストではないけれどありえる」可能性があります。少なくとも給料は貰えるし、生き残り方針が比較的定めやすい。一回勝ちサイドに回ればモリモリ承認を投与してくれるので、「うっかり勝ち残った発達障害者」が多数生息しているエリアでもあります。また、この手の企業で一回泳ぐと生存スキルが一気に高まりますので、「いつでも逃走する心構え」を前提に、僕はこの手の企業に入ることを全否定はしません。彼らは基本的に去る者を追わない(というかそんな時間はない)ので、逃げも打ちやすいです。社員がある日突然パーフェクトバックレなんて日常ですし。

 

B 完成度が高く儲かっていないブラック企業

最悪です。これだけは避けましょう。この手の企業は大体のところ、「かつてはブイブイ言わせていた時期があったが、時代の変化とともに収益構造が現実に即さなくなってきた。でも、ブイブイ言わせていた時の残滓でなんとなく生存はしている」タイプの会社です。大戦末期の日本軍みたいなもので、皆「なんとかしなきゃ」とは思ってるんですが、築き上げたシステムのガワが巨大過ぎて何をどうしていいかわからないという状態にあります。

この手の会社は「このサワヤカ青年が『アットホームな職場』『がんばればいっぱい金がもらえる』をやけに主張してる求人はどう考えてもダメだ。この端っこの方に常時出てる地味な求人が案外当たりなんじゃね?」などと考えた場合にツモることが多いと思います。そういうのは、求人にかけるカネはないけど常時人は不足している、という悲しい事実を示唆している場合が多いですね。

こういう会社はせっかく入ってくれた人間を逃すまいと基本的に考えてますし、経営陣は「なんでこんなに新人が定着しねえんだよ」と頭を抱えていることが多いです。ですから、明らかに選別にかけることを目的としたわかりやすい研修などは無いことが多いです。そんなところに投下する資金も無いわけですし。もちろん現場は終わっているので、ヌルいということでは全くありませんが。

この手の会社に新卒や新入社員として生き残る方法ですが、基本的に無いと思います。いや、あるかもしれないけど、だったらマッキンゼーとかボストンコンサルティングとか入った方がいいと思います。

こういう会社は、多くの場合部族としての悪習をゴリゴリに維持したまま滅びていきます。煮られるカエルだということは彼らもわかっているのですが、過去に染み付いた成功体験が変化を拒否し続けます。つまり、Aの会社に僅かにある美点を丸ごと全部失ったのがこの会社になります。

尚、この手の会社の部族の風習として残り続ける意味のわからないアレは、「昔は合理性があったが時代の変化とともに合理性が失われ、形式だけが残った」というものが多いです。最悪ですね。しかし、人間の組織に「それは合理性がないから改めよう。時代に合わせて変化しよう」と呼びかけても、まぁ大抵は無理です。(それが出来るからマッキンゼーとかはめっちゃ金もらえるわけですし)

わかりますね。金も未来の希望もないのに槍一本でライオンに挑まされ、しかも部族から逃げようと思ったら粘りつくような妨害工作を打ってくるのがこの手の会社です。最早、構成員は人間をやめています。個人の努力、プレイヤーとしての研鑽をどれほど積もうと、「基本的な収益構造が終わっている」という点をひっくり返すのはほぼ不可能です。諸星大二郎みたいな世界観ですね。

「ウチやんけ」と思った皆さん、逃げましょう。そこで一定期間戦った皆さんは基本スキルがそれなりに向上していると思います。熱湯でバタフライした経験を生かして次の職場で頑張りましょう。大丈夫、そこよりはヌルい。

 

C 完成度が低く儲かっているブラック企業

はい。来ましたね。これは希望です。要するに「いっぱい人間を採用して、いっぱいすり潰していく工程そのものが収益を生む」というブラック黄金律の開発がまだ完了していない会社です。スケールは比較的小さい場合が多いですが、稀に人員が三桁規模になってもこの状態ということもあります。(経営が傾いて基幹人材が逃亡した瞬間に全てが終わるという点については目を瞑ってください。そういうものです)

この手の会社ですが、経営陣に異能持ちが複数存在しているパターンが多いと思います。とにかく仕事をいっぱい持ってくる営業スキルの化身みたいな経営陣が存在している会社などはこの状態になりやすい気がします。

とにかく、こういう会社は「個人の異能」をベースに全てが回っています。この状態をシステムに落とし込むことが出来ればホワイト企業に到達する可能性があるわけですね。でも、現在はまだそのような状態ではありません。

また、「とにかく金だ、まず金だ、数字を上げる奴が正義だ」という風習がゴリっと一本軸になっています。当たり前ですね、儲かっているとはいえ企業としてのシステムが完成していないわけですから。創業期からのベンチャースピリットが色濃く残っています。重要なのは合理性と戦略的妥当性だ、細かいことは気にするな(というか気にしている暇も人員もない)という文化の場合が多いです。というか、そうじゃなきゃ生き残れないですし。利益に直結しない風習なんてやってるヒマないんですよ。言うまでもないことですが、結果を出せばガンガン出世します。「え?じゃあ辞める」と言った瞬間に肩書きと給与が2ステップくらい上がるのは普通でしょう。

こういう会社は楽しいです。飲み会の作法なんてほぼほぼ無いことが多いと思います。「時間出来たな!飲みに行くぞウォー!」みたいな世界観です。利益という絶対正義に価値観を統合した合理的な野蛮人の群れですので、毎日が文化祭前日という趣があります。この部族の風習が脳に馴染むと長時間労働はさして苦にはなりません。金は貰えますし、仕事の裁量も大きく細かいことも言われない。そんな暇はありませんからね。このタイプの物質を脳の中に出すのが人生の主目的になっている人もわりといます。

さて、ここまで良いことばかり言ってきましたが、もちろんこの手も会社もキッチリ「ブラック」です。労働時間は当然の如くクソ長いですし、労働法規?なにそれ?守ると利益出るの?という世界観です。「おしごとたのしい!」というシャブがキマった皆さんばかりですので。また、教育システムも基本的には存在しません。「え、仕事教えて欲しいの?他社行けば?」というノリです。

多分、僕のブログに「は?くだらない風習なんかやめちまえよ、利益になんねえだろ」という「無茶言うなよ」系のコメントをつけてる皆さんはこの手の会社でシャブがモリモリにキマった幸福な時間を過ごしている方々だと思います。大変良いと思います。

この手の会社で一山当てた発達障害者はわりといっぱいいます。ジョブズ系の成功譚ですね。勢いのある皆さんは挑むのもいいと思います。この手の会社に突入した場合、僕のブログの話は部分的にしか使えないと思います。(とはいえ、仕事を学ぶには自分の先輩にすり寄って盗むしかないなどの事情もあるので、使う必要はあるとは思う)

 

D 完成度が低く儲かっていないブラック企業

ギャンブル枠です。大体は数人規模のスタートアップ企業か、多くて十数人規模の会社でしょう。この手の企業には圧倒的な美点があります。仕事をある程度モリモリこなしていると、「あ?文句あるなら俺辞めるけど?いいの?口の利き方がおかしいんじゃない?」「株寄越せよ。さもなきゃ辞める」などの経営者恫喝が極めてやりやすいという点です。

というか、この手の企業に入るなら上記の二つは絶対に持っておくべき考え方で、これがないと普通に使い捨てられて終わります。収益の基本システムは持っていない、それどころか日々生き残るための商いを探し続けている、砂漠をさまよう遭難者のような企業ですが、逆に言えばポジション争奪戦に勝つのがとても楽です。

これは経営していて痛切に感じた点なのですが、「基幹人材が抜ける」というのはとんでもない痛手です。下手すると、会社の収益システムや経営ビジョンが丸ごと吹き飛びます。それくらい創業初期というのは業務の属人性が高いのです。わかりますね?妖怪「株くれ」が跳梁跋扈しています。生き残るために自分の唯一の希望である創業者利益をゴリゴリ譲っていった社長さん割といるんじゃないですか。オイ、目ェ背けるな。会社はわりと上手くいった。バイアウトも成功した。あれ?手元にこれっぽっち?という話はあるよな。

また、「部族の風習」ですが、薄いことが多いです。これはCのパターンと同じですが、そんなことやってる暇ないですから。資金繰りの金をくわえて帰って来る鳥が優れた鳥です。人格や振る舞いにどれほど大きな問題があったとしても、重用する以外の選択肢はありません。

わかりますね?

最近「起業」が割りと流行ってますが、「元手無いなら無理して自分で興さず、他人の作った会社に侵入してジャックしちゃえばいいのになぁ」と僕はよく思います。興した人が偉いわけじゃないですし、そもそも社長が異能を持っておらず経営にも貢献していないなら、会社の経営者としての立場はどんどん弱くなります。創業資金を丸ごと自分で用立てたなら話は別ですが、出資者から引っ張っている場合「こいつ冷静に考えるといらなくね?」でポイされることも多いです。

経営者が従業員より強いというのは単なる誤解です。この手の会社に入って経営と収益の軸になるポジションを奪取してしまえば、普通に従業員の方が経営者より強いです。従業員を解雇するよりは代表取締役を解雇するほうがよっぽど簡単ですし(株主目線)。あとはあなたのやりたいように経営をやればいいのです。

起業したい!と思っている皆さんは、自分で資金引っ張って起業する前に従業員数人くらいのスタートアップに1回もぐりこんでみることを薦めますね。空気感が掴めますし、そこでうまいことイニシアチブを握れたなら、妖怪株くれになればいいですし。めんどくさくなったら辞めればいいし。オススメです。「俺が辞めた結果会社が終わった」みたいな愉快な体験ができるかもしれませんよ。

 

C>A≒D>B

という結論になります。まぁ、どの会社も基本的には労働時間は長いですし、順法精神は皆無だと思いますが、それでも、とにかく何の希望もないくせにデメリットだけは山盛りのBを必死に避けろというのが今日のエントリの結論です。

しかし、現実的にどのタイプのブラック企業が多いかといえば、圧倒的にBです。全く儲かっていないし資金繰りはキツいが、ガワだけはデカく企業として存続してきた年月が長いので融資などもそこそこ受けられる。潰れたら困るので銀行もわりと金を貸します。しかし、中身は完全に腐敗していますので最早滅びる時を待つ死に掛けた象です。

この手の会社は企業としてのネームバリューをそこそこ持っていますので、「とにかくちょっとでも良い会社」みたいな曖昧な方針で職を探すと圧倒的にぶつかりやすいです。しかし、内部的にはベンチャー企業と大手企業の悪いところが集約されておりますので、大変に地獄です。「新卒からこの会社一本」みたいな会社と自我が癒着した妖怪が多数生息しており、終わっていきます。

本気で避けろ。「弊社は創業~年」みたいなところをゴリ押ししてくるあれはやめろ。本当にやめとけ。朝の会社の前と周囲の掃除などを誇らしげに語り始めたら即帰宅していい。何のメリットもない。

 

Aタイプの企業で生き残る方法

ぶっちゃけ、Cって普通に入れなくね?というご意見はあると思います。確かに、ベンチャーホッピングをしているタイプの皆さんは選択的にCに飛び込みますし、割と狭い門にはなりがちです。起業するほどの勢いはないが、それでも一発当てることを夢見てこの手の会社を探し続けている人類はわりといます。とはいえ、採用スキームすらない会社なので紛れ込む難度は大手優良企業に比べればクソ低いんですけどね。

そういうわけで、現実的な選択肢になりがちなAで生き残る方針をちょっと書いておきます。長期間そこで働くというのはあまり現実的ではない場合も多いですが、上手いこと幹部になれれば美味しいですし(良心をドブに捨てる必要はありますが)。社会適応訓練としてはわりと有意義です。

まずこの手の会社ですが、敵は弱いです。大手優良企業で同期と競い合うのに比べれば、この手の会社にいっぱいいる人類はそれほど手ごわくありません。当たり前ですね。だって、基本的には「なんでもいいからとにかく採用してふるいにかける」という方針なんですから。ですから、仮に5年生存率が3%としてもそんなに恐れることではないんですよ。敵は有象無象です。

しかし、部族としての完成度はかなりのものなので、適応する必要はあります。誰よりもデカい声を張り上げ、大きく頭を下げる必要はあります。基本的な生存メソッドはこのブログに書いてある内容をゴリゴリやれば足りると思うんですが、敵は順法精神のカケラもない会社ですので、こちらも狂気を含んだ対応をしていく必要があります。

まず、一番重要なのは「勝ち筋を掴めなかったら即逃げ」という方針です。だって、しがみつくメリット無いじゃないですか。Aタイプのブラック企業なんて無限にあるんですから、ここの会社で得た知見を持って別の会社に移って強くてニューゲームすればいいだけの話です。さっさと逃げましょう。基本的に辞めるのは(多少おっかないこと言われるかもしれないけど)簡単なので、最後は思いっきり迷惑をかけて後足で全力で砂をかけて逃げればいいと思います。

この手の会社に勤めていて「告発したい」という向きがある皆さんはすぐに連絡ください。全力で協力します。

後は、「順応するぞウォー」という狂気を含んだ愚直さと、「勝てないと踏んだら即逃げ」「基本的にこいつらはクソ部族だから人間と思っていない」「使える反則技は全部使う。バレたら辞めればいいだけのこと」などの理性的な判断を両立させるマインドセットが重要だと思います。洗脳されたら終わりですからね。誰よりも愚直に動きながら、誰より冷徹に周囲を見渡す理性は結構両立します。それが出来るとかなり楽になります。クッソどうでもいい会社だという点はかなりメリットです。

僕は昔、飛び込み営業で浄水器を売るゴミみたいな会社の構成員だったことがありますが、あれは良い経験でした。老人が██████████████████団地で、試薬を██████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████などの戦術でわりといい営業成績を上げていました。この手のクソブラックゴミ集団は一回勝ち筋に乗ると楽しいです。朝礼で全員からクソデカい声で賞賛されながら拍手喝采を浴びるのはクセになる快感です。おまけに、その浄水器には定価という概念が存在せず、上乗せした██████████████████████████████████████████でした。すごいですね。もうやらないです。許してください。一生懸命ブログ書きます。当時の僕は進学資金を貯める必要があったんだ。若かったし何も持ってなかったんだ。今も何も持ってないけどさ。

そういうわけで、皆さんやっていきましょう。
とにかく、Bタイプの会社には入るな。僕が言いたいのはそれだけです。

皆がつらいお仕事の話

このような出来事がありました。

 

課長「新入りさん、この山盛りの文書をAとBに分類して、AはA´の方法で、BはB´の方法で郵送してくれ。尚、今日出さないとヤバイ。わかり?」

新入り「わかり」

僕「営業終わりましたー(帰社)」

課長「借金玉、新入りさんに郵送の仕事任せたんだが、最終チェックおまえな。出す前に全部チェックして帰りがけに郵便局出しとけ。俺は商談に行く」

僕「わかり」

新入り「モリモリ」(事務の出来る人なので良い速度で進んでる)

僕「わからないとこないですか?」

新入り「ないです(手元を隠す)」

僕「よかった。(ウッ、この人年齢も事務キャリアも僕より上だしこの程度の仕事の進捗を途中で見せてみろとは言いにくい、いうて僕もこの会社入ったのこないだだし…)ではなんかわかんないことあったらいつでも聞いてください。ちなみに、どんな指示なんです?」

新入り「郵送物をAとBに分けて、AをA´、BをB´の方法で郵送しろとの指示です。時限は今日中です」

僕「承知しました。では、出来たら呼んでください。いつでもお気兼ねなく」

新入り「わかり」

僕(自分の仕事はあと1時間で終わるな。今日はもう営業のアポはないし、定時まで2時間か。自分の長期タスクに手をつけるか、誰かの仕事拾いに行ってポイント稼ぐかどっちがいいかな。長期タスクに手をつける気分でもないし、先輩の仕事引き取るか。仕事流してもらいたいし)

僕「先輩さん、書類引き取りますよ」

先輩「マジ?じゃあ頼むわ!借金玉ちゃんサンキュー!(ボードに直帰と記し軽やかに帰宅。会社に残ったのは僕と新入りさんだけ)」

僕「モリモリ」

新入り「出来ました」

僕「じゃあチェックさせてもらいますね」

新入り「定時なので帰ります」

僕「お疲れ様でした(あと15分早く終わらせてくれれば僕も定時に帰れたんだが…しゃあないか。まぁ、課長が帰る前に終わらせれば良かろう)」

新入り「お疲れ様でした」(颯爽と退社)

僕「やるか」

僕「…これ間違ってね?」

僕「完璧に間違ってるやんけ。半分以上ダメやんけ」

僕「ヴァーアアア」

課長「商談終わったで。まさか今日程度のタスク量で残業してるような無能はおらんな?ここを残業代が沸いてくるタイプの会社だと思い込んでるバカはおらんな?」

僕「ヴァーアアア」

 

このストーリーにおける悪を探しなさい(10点)

まぁ、結論から言うと初手から新入りさんの理解が間違ってたんですよ。まぁ、もっと具体的に言うと課長は「業者には」「客には」って表現をしたんですよ。この場合の「業者」は同業者のことなんですが。新入りさんはそれを「法人」と「個人」という解釈をしてしまった。要するに、送り先が会社名になってるものと個人名になってるもので文書を仕分けしてしまったんですね。

でも、法人だろうが客の場合もあるんですよね。(個人名で業者ということは流石にないのでそれは助かりました)つまり、最初のAとBの概念が完全に間違ってた。でも、言葉の上ではそれを認識する手段がなかった。

新入りさんに「どのような指示を受けていますか?」という確認は僕もしてますし、新入りさんも明確に「この文書を業者宛てとお客様宛てに仕分けして、それぞれの方法で郵送する準備をする」って言ってましたしね。

で、久しぶりに怒られスープレックスが発生して後頭部から社会に落ちたわけですよ。絶対に社会を殺す、という気持ちを新たにしたとてもいい日でしたね。

 

仮説1 僕が悪い

まぁ、謝罪はしました。「すいません、途中で仕事に割り込んででもガッツリチェックするべきでした。腰が引けていました。申し訳ありません、以後気をつけます、再発させません」という旨をごめんなさいしたわけです。課長は基本的にはとても良い人なので、5分ほどボンバーした後手伝ってくれました。ありがとうございます。

これもまぁ一理はありますよね。(自分が悪いと100%認めるのは腹が立つのでこのような表現になります)僕は新入りさんに手元を隠された時に、仕事を全うする気概を失って引いてしまった。仕事の最中にほんのちょっと先に会社に入っただけの若造に自分の仕事をチェックされるのはどう考えてもムカつくだろうな、先輩風は吹かしたくないな、嫌われたくはないな、という感情が入った。

でも、僕にも言い分がある。というのも、流石に年上で事務キャリアも上の後輩の仕事に割り込んで嫌われるのはこの先のデメリットが結構あるし、そもそも弊社は年功序列の色の強い会社ではない。プリミティブな出来ればエラいシステムが貫徹されている会社です。我々非正規雇用傭兵軍団の序列は「どれくらい出来るか」だけで決まっています。「めっちゃ出来る」という触れ込みで入って来た新入りに先輩風を吹かせて嫌われるのは、ワンチャン死までありえてくる。

そういうわけで、まぁ今後はこういう事態が既に1度発生したという前提で振舞うので再発は多分ないと思うんですが、それでも今回のストーリーで「僕が100%悪い」を受け容れるのは抵抗があるわけですよ。(まぁ、僕が100%悪い体で謝りましたが。だってそれが一番得なので)

 

仮説2 課長が悪い

「テメーの指示が悪いんだろうが」という言葉を200回くらい飲み込んだので、ここでいっぱい書いておきます。「テメーの指示が悪い」「テメーの指示が悪い」「テメーの指示が悪い」はい。いいですね、インターネットは。

でも、これもまた課長の身になって考えると「しょうがねえことだよな…」って思うんですよね。だって、僕が指示を出す立場だったとしても多分同じ現象発生してると思いますもん。相手が自分の出した指示を正確にリピートしている状態で、「本当にこいつ俺の言ったことの単語レベルの概念まできちんと理解しているか?」という確認を常時やるのは非常に難しい。そもそもそんな時間も心の余裕もない。これ本当に難しいですよ。だって、自分の会社でも似たような現象発生しましたもの。

しかも、課長は短時間とはいえ割とデカい商談に向かってたんですよ。今年の会社の純利益が二桁パーセント変化するレベルの。多分、頭の中はその商談で目一杯だったと思う。なんなら、よく郵便物の発送というタスクを忘れなかったもんだよなと思うくらいです。大したもんですよね。(まぁ、今日発送しないとアウトなところまで熟成させてたという問題もあるけど、これも本当に仕方ない。課長は死ぬほど忙しい)

課長に「テメーの指示が悪いんだろうが」とか「そもそも俺は残業代も貰えない前提で新入りの仕事終わるの待ってこの後カネも貰えない状態で郵便局行くんだぞコラ、死ぬか?」「全部仕事放棄してケツまくってやろうか?月末までアポミッチリだぞオラ?」「俺にはツイッターのフォロワーが1万人強いるんだが、この会社はコンプライアンスにそんなに自信があるのか?試してみるか?」とか言ってもいいんですけど。

まぁ、僕は今の職場が割と気に入ってるのでそういうことはしなかったわけです。課長、総体的にはいい人だしね。学ぶものもたくさんあるし。そういうわけで、課長が全部悪い説も一理は無くもないけど、それはそれであまりに課長に厳し過ぎるとは思います。このレベルで「全て管理職が悪い」にしたら管理職皆殺しになってしまいますね。管理職は管理職でクッソ大変なのは痛いほどわかるんだ…。

 

仮説3 新入りさんが悪い

まぁ、僕のカチーンと来たポイントを言うと、「定時ギリに終わらせて一言もなく帰宅した」という点ですよね。読んでいる皆さんもここに引っかかった人が多いと思う。これは結構悪手なので、新卒などの皆さんは気をつけましょう。ヘイトが溜まります。

とはいうものの、正直に言って僕は管理職の目が届かないところでは、あるいは許容される空気感があれば、割とルーズに自主残業をしています。「こないだ自主的に残業する新人のせいでホワイトな職場環境が死ぬ、あいつ殺せ」みたいな地獄が流れていたのを見ましたが。

togetter.com

これですね。

ここを読んでる皆さんは、これを読むと大変な気分になれると思います。「自主残業をコソコソやって辛うじて周囲に追いついていってる」という人も決して少なくはないでしょう。一日に30分でもロスタイムがあるというのは結構救いで、僕は業務中にどうしてもスイッチが入れられなかった日などはこれで帳尻を合わせています。電話も鳴らなくなりますし、大変捗るんですよ。あてにし過ぎてはいけないけれど、やはりあると助かる時間です。

そういうわけで、新入りさんから見ると僕は「定時をあまり気にしない人」だった可能性があります。定時後でも課長や先輩が雑談モードだったらお付き合いする主義ですしね。「私は非正規雇用だ、自分の与えられたタスクをただこなすのみだ。それ以外など知ったことか」という考え方も一理あるし、少なくとも責められる謂れはないでしょう。

「指示を自分が理解していないことに気づいていなかった」という点も仕方ないと思います。僕や課長の立場になると、「いや気づけよ」っていう気持ちが出てきてしまいますが、自分が新入りの立場なら「課長の指示が悪い」と思うでしょう。新入りというのはそういうポカをやってしまうものです。

僕が途中で出した「わからないことはないか?」「進捗ちょっと見せてみ?」という助け舟を蹴飛ばしたことについても、これもそう責められるほどのことではない気がします。ここで唐突に前提を追加しますが、僕は営業屋としての採用、新入りさんは事務屋としての採用です。「私の仕事だ」という気持ちが発生するのはある程度仕方ないことだと思います。

仕方ないですよね。これで新入りさんを詰めるなんてのは最低の職場だと思いますし。

 

 救いのある話と今後の課題

そういうわけで、課長と一緒にヴァーして仕事を片付けて帰宅したわけですが。ヒートアップしていた課長も手を動かしているうちに興奮が抜けて予定通り

「すまん、完全に言い過ぎた。そもそも俺の指示が悪いなこれ」

「新入りさん、借金玉より年上だしな。途中で見せてみろとは言い難いよな」

などのモードに入り、大団円を迎えました。

「いえ、私が途中できちんと確認していれば防げた話ですし、今日をきちんと反省にして以後気をつけます」

「課長、商談お疲れ様でした。上手くいったようで本当におめでとうございます」

みたいな感じで上手くエンディングに持っていくことに成功し、無事残業代も出ました。大変救いのある話ですね。課長は割と沸点が低いですが、その後シューっと反省するタイプの人です。日頃から円満な関係を作っている努力が出た日になったと思います。「謝罪を受け容れるぞ?謝るなら今がチャンスだぞ?」という暖かい気持ちを全身で表現した甲斐がありましたね。

尚、これは経験上ですが「謝罪を受け容れるポーズ」は往々にして「自分が悪いと反省して振舞うこと」です。人間は通常「俺は悪くねぇ」という態度の人間に、「ごめん俺が悪かった」と謝罪することは出来ません。この辺は人を見て振舞う必要もあるんですが(絶対に自分が正しいと思い込み続ける人、謝ったからにはこいつが悪いと充足する人などもいます)新卒など組織の新入りであるうちは、2割くらい自分が悪い要素もあるなと感じたらとりあえず、その2割について詫びるのが最善手だと思います。

さて、そういうわけでやっと「就労日誌」らしいエントリになったわけですが、最後に課題が残りました。課長に「新入りさんに間違ってたから今後気をつけて欲しいと伝えてくれ、俺はイヤだ」というタスクをブン投げられたからです。

やはり定型発達者は最悪ですね。殺っていきましょう。

雑記 総体性と一問一答、先日のエントリの具体化。

ブログに具体性がないという話

がコメント欄にお叱りとして投下され、うーん…と悩みこんでいたのですが。

ところで皆さん、AをBにする、DをEにする、GをHにする、という断片的なお仕事が振られたとします。僕はこういう「全体像の見えない断片的なタスク」を記憶するのが極めて苦手です。「A~Hの工程を行います、あなたの受け持ちはA-B、D-E、G-Hです」という教え方が大変望ましいわけですね。(まぁ、現実問題としてそういう風に指導してくれる人間は少ないので自力で仕事の全体像を把握していくしかない場合が多いわけですが)

この話をポツポツとツイッターでしたら

 このような例えが提示され、大変優秀だと思いましたのでそのまま転載させてもらいます。

そういうことなんですよ。「コロッケを作る」という目的が最初に提示されていないと、仕事はそれぞれ独立した連関のないタスクとしてベタ覚えするしかないわけじゃないですか。そこには単純な暗記だけが要求され、仕事全体の流れというものは存在しない。「言われた通りやる」しか余地がないわけです。

もちろん、「余計なことはやらせず仕事の意味も理解させず手をひたすら動かすことを要求する」みたいなものが必要になる業務のシーンもあり得ると思うんですが、僕はこれは物を覚える場合の効率としても、あるいは仕事の指導の方針としてもあまり優秀ではないと考えています。まず全体像を提示する。その上で、仕事の細かいやり方を教える。そうすれば現場から「この工程要らないのでは」とか「このやり方の方が良いのでは」みたいな声も上がりやすくなりますしね。

つまるところ、目的は「うまいコロッケを作る」ことなわけですよ。みじん切りの達人になることでもパン粉つけの名人になることでもない。まずは、「うまいコロッケを作る」という目的について理解してもらって、衣がカリっとしてじゃがいもはあくまでもほくほくと崩れベタつかないコロッケを目指すという話をしないとまずいと思うんですよ。

コロッケなら「この味を作れ」と食わせてみることも出来ると思いますが、このブログの場合目指すところをまず言語化しなければならないわけです。

 

一問一答をどれだけ積み上げてもゴールには辿り着かない

このブログの題材は所謂「空気が読めない」などの特性を強く持つ人間が、いかに人間の群れの中で上手くやっていくかという話です。もちろん「こういうシーンではこういう行動を取れ」という具体的なノウハウも語られることは多いですが、それはそれとして、皆さんの人生の現場というのは一人々々全く違うわけですね。それぞれの皆さんが、自分の置かれた状況に合わせて行動を作り上げていく必要があるわけです。

すごく悪い例えですが、いうなれば「人間の行動パターンをエミュレートしたロボットがロボットであることがバレないように振舞う」みたいなアプローチです。Aのパターンが入力された場合はBを出力する、Cのパターンが入力された場合はDを出力する、の積み上げでは確実にゴールまで辿り着けません。(とはいえ、頻出するものに関してはパターン暗記も有益ではあるんですが。「お礼」とか「挨拶」とかね)

そういうわけで、大筋の目的を設定してそこに至る細かい道のりに関しては各自がやり方を工夫していくというアプローチが絶対に必要になります。

「Aのパターンが入力された場合はBを出力する」という具体的なアプローチのみを積み上げていく手法は、情報量が少ないため摂取しやすく、また実行もしやすいと思います。腹括ってそれだけやってりゃウケるのかな?と思うところも無くはないのですが、僕はこの手のノウハウ本を割りと読んで失敗してきましたし、また仕事を教えられる時のスタイルとしても非常に好まないんですね。ダメだと思います。応用が効かない情報に価値など無い。

極論を言いますと、僕がAの時はB!Cの時はD!みたいな情報をここにベタ書きして、皆さんに丸暗記して実行しろと要求した場合ですが、皆さんそれ実行出来ますか?それが出来るなら発達障害者、少なくともADHDではないと思いますよ。全体像の見えない仕事をそれぞれが独立した無関係なタスクとして大量に記憶して実行出来る能力があるなら、それを生かしていく方針がいいと思います。具体的には事務処理中心の役人とか金融系のバックオフィスとかすごく向くと思います。すごい能力です。

「これさえやれば全部上手くいく」という情報は、わりと世の中に溢れています。あれは、喉越しのいい毒薬です。実際問題として、どんな時にも適応できる具体的な行動なんて存在しません。原理原則、そして目的を理解して、そこから逆算した具体的な行動を適時選択するしか究極的には無いと思います。

トライアンドエラーは必要です。やっていってください。このアプローチはダメか、じゃあこっちはどうだ?これはどうだ?よし決まった。こういったものの繰り返しが行動の精度を高めていきます。

僕も、まぁ出来ることなら「これさえやれば上手くいく、簡単だぜ!」と叫んで本を売りまくってメイクマネーして札束の風呂に浸かりたいのですが、あまり不誠実なことを書くとインターネットタコ殴りが発生することを十分心得ていますので、やっぱりそういう方針は避けたいんですよね。よろしくどうぞ。

 

とはいえ、具体的な話が役に立たないわけじゃない

「いや待て、断片的な仕事を覚えることを積み上げて然る後に全体像を理解するというアプローチも必ずしも間違いではないのでは?」と思われた方については、その通りです。「断片だけを記憶して、総体性を理解しないまま馬鹿の一つ覚えのように実行する」のがダメであって、詰みあがった断片が相互に結合し結果として総体を成していくなら、これは単なる逆のアプローチであってぜんぜんダメではありません。

僕は全体像をざっくりと見渡し、究極的な目的を抑えてから細部を構築していく思考メソッドを好みますが(断片だけでは記憶できないから)、逆が得意という人もいるはずです。まぁ、これが得意な人は仕事を教わるのも得意だと思うのでこのブログ読んでないと思うんですが…。(断片的な意味のわからない仕事もモリモリ習得できて、その中から総体性を見出していくのが得意なら何も困ることないだろ…)

まぁ、それはそれとしてそういうアプローチにも価値はあります。そういうわけで、前回のエントリを具体的な行動に落とし込んだものを羅列していこうと思います。全部完璧に実行するのは間違いなく不可能だと思いますが、やって、あるいはやろうとする姿勢を見せて損はないことばかりです。やりましょう。

 

syakkin-dama.hatenablog.com

 よっしゃ行くぞ。

飲み会

  • 一番先に店に入ってドアを開けろ、全員を迎え入れろ。
  • 全員が入ったらスーッと後ろに回って、みんなを座らせて自分は一番下座を確保しろ。小上がりなら全員の靴を揃えろ。
  • 料理が来たら取り分けろ。中々スムーズにやれないと思うがこれは慣れだ。まず一番偉い上席、それから職場で腕力がある順だ。
  • 全員のグラスの残量に目を光らせろ。少なくなったら注げ。「注がなくていい」と言われるまではやれ。自分のグラスに注がれる時は両手で持って頭をペコっと下げろ。ありがとうございます、と元気に言え。
  • うまそうに食え。うまそうに飲め。グラスに注がれたときは喉を鳴らして飲め。量は飲まなくていい。「あなたに注がれて嬉しい」という気持ちを表現しろ。
  • 飲み会が始まる前に「今日皆の前で誰かを褒められるネタ」を3つは用意しておけ。「~さんの~には本当に助けられました!」みたいなネタをほどよく盛り上がってきたところで放て。その場にいない人間でもいい。絶対に得をする。
  • 話すネタは「誰かを賞賛する」「誰かに感謝する」の二つだけでいい。逆に言えば、常日頃ネタはストックしておけ。「~さんに教わったラーメン屋めっちゃうまかったんですよ!」レベルでいい。(ただし、賞賛した結果場が冷める人間というのもいる。これは日頃から人間関係をよく観察しろ)
  • 自分のちょっとした失敗の謝罪や「そのうちお礼をしなければ」という話はなるべく飲み会の席でしろ。誰かに助けられた話などは、小声で、相手に近づいてしかし周りの人間に聞こえるようにしろ。カクテルパーティー効果は強い。
  • 話を振られた時はなるべく簡潔に答えろ。面白い話をしようとするな。
  • 笑え。1ミリでも面白いと感じたり、あるいは「この人面白いこと言いたいんだろうな」と感じたら笑え。笑顔を上手く作れなかったときは、額をペチャンと叩いて(目を隠して)笑い声を出しながらのけぞれ。目は中々笑えない。しかし、口と身体はいつでも笑える。
  • 飲み会が退屈するのは目が行き届いてないからだ。完璧に飲み会を乗り切ろうとしたら退屈する暇などない。
  • 煙草は吸うな。しかし、あなたが喫煙者で仲良くなりたい対象が煙草を吸いに抜け出した時はすぐに追え。煙草を一緒に吸うほど簡単な距離の縮め方は無い。「ご一緒させていただいていいですか?」は大抵の喫煙者にとって嬉しい。
  • 飲み会が終わる時はとにかく「楽しかったです」だ。楽しかったと言うほどにはアガらなかったなら「ありがとうございました」を連呼しろ。
  • 他人にはどんどん飲ませろ。自分はなるべく飲むな。飲んだフリをしていろ。相手が酔えば酔うほど楽になる。ただし、相手のペースに合わせることは忘れるな。
  • イジられる、笑いものにされるなどが発生した場合は笑えるところまでは笑え。ダメなら、「カンベンしてください!」と頭を下げろ。キレるな。
  • 喋るな。喋らせろ。
  • 翌日の挨拶回りを忘れるな。「昨日はありがとうございました」だ。上席だけじゃない。参加者全員だ。一般職のババアだけ忘れた、などの事態は死を招くぞ。

「会話で敬意や好意を主張する」というのは上級スキルです。中々出来ません。しかし、行動をルーチン化して示すというのは割とやりやすいです。それを重視してください。余計なことは可能な限り喋らず、最低でも「あいつは礼儀正しいし頑張ってる」という姿勢を見せることをゴールに設定してください。

 

日常会話

  • 大きな声で挨拶しろ。「おはようございます!今日もよろしくお願いします!」だ。明らかに無視されたり鬱陶しい顔をされてもやれ。あれは試されていると思え。
  • 相手が雑談を僅かでも振ってきたら全力で食らい付け。必死に聞け。上手く話せなくていい。「あなたと仲良く話したいんです」という気持ちを伝えろ。
  • ちょっとしたことでもすぐにお礼を言え。「挨拶」と「お礼」はどんな時でも使える最高の話題だ。礼を言われて嬉しくない人間などいない。人間は他人にしてやったことはいくらでも思い出せる生物だ。礼を言われ足りている人間などいない。
  • 相手の個人情報を可能な限り収集しろ。しかし質問攻めはだめだ。「先輩、休日とか何をされてるんですか?」「昼ご飯、どこに行ってます?」などの日常的な話題から徐々に徐々に掘り下げろ。
  • 共通の話題を探れ。ただし、「無い」ということもよくある。期待し過ぎるな。
  • 相手の話題に擦り寄っていく努力もしろ。大したコストをかけずに出来る「娯楽」「食事」などについてはやる価値がある。
  • 褒めろ。「あれすごいですね、真似させていただいてます」などを言うタイミングを探せ。逆に言えば、常日頃人間を褒められる箇所を見つける努力をしろ。
  • 服、鞄、事務小物などその人が「こだわっているっぽいな…」という箇所を探してみろ。ロゴさえ覚えておけばグーグルが答えを教えてくれる。高級ブランドだということがわかったらすぐに「それいいですね!」だ。
  • 人間を観察しろ。事前情報なしで人間といくらでも喋れる天才などそうはいない。人間は情報を撒き散らしている。拾いに行け。
  • 人間は好意に対して好意で返したくなる習性を基本的には持っている。まずは好意を向けていると認識されろ。然るべくして好意を向けられろ。話を盛り上げるのはそれからだ。
  • いきなり人間同士の話が盛り上がったりするのはかなり稀だ。段階を飛び越えようとするな。まずは、「語るに足る相手」と認識されることに全力を注げ。
  • 「挨拶」と「お礼」をとにかく欠かすな。「こういう時には挨拶とお礼」の考え方じゃない。「挨拶するタイミングとお礼をするタイミングを常に探す」くらいの気持ちでいい。
  • 距離を縮めたい人が仕事で必要になるアイテム、忘れがちな道具などについては携帯する努力をしろ。「これですよね!どうぞ!」はポイントが高い。「これじゃねえよ」になってもいい。やらないよりはよっぽどいい。やろうとする姿勢が人間の心を解きほぐす。

基本的に、「上手に喋る」は高等スキルです。あまりやろうとしない方がいいです。まずは、「お礼」と「挨拶」で好意と礼儀をアピールし、その過程で個人情報を収集しながら接近していってください。話すのが苦手な人ほど「話す」という行為の効果を大きく見積もり過ぎる悪癖があります。普段の行動の積み上げの一番てっぺんにチョコンと乗っかっているのが「喋る」という行為です。まずはそっちを積み上げましょう。確かに、上手に上司や先輩とトークを盛り上げている同期を見ると「喋れる奴はいいよな…」と感じると思いますが、多分そいつは「仲良く喋る」ために普段から積み上げを重ねています。たまに喋り一発で全てを切り抜けていく人間も存在しなくはないですが、それはお喋りスキル特化のモンスターです。真似は出来ません。

 

これはこれでキツかったのでは?

細かい情報をダーっと並べてみましたが、多分半分くらい読んで読み飛ばしてここを読んでる人が6割くらいじゃないかなーと思います。どれも「やって損はない」情報なんですけどね。一つ一つはわかりやすいし飲み込みやすいんですけど、いっぱい並べると総体性が中々見えにくいという欠点が出てきます。

とはいえ、これらはやった方がいいです。実行してみると大分世界が変わってくる、それも結構大きい変化が見込めると思います。この辺を意識したことが無い人ほど、大きな効果が見込めると思います。

今後は具体的なこういった情報と抽象的な総論を色々語ってみて、読み手にとって最も理解しやすい形を探る努力をしていきたいと思います。僕も手探りですので、中々読みにくい、理解しにくい、腹落ちしにくいというところもあると思いますが、なんとか頑張りに免じてご容赦いただければと思います。

やっていきましょう。

 

コンサータとストラテラを飲んでみた話

今日はサラっとそんな話をします

僕は今コンサータを1日に54ミリ飲んでます。他に飲んでいる薬は安定剤のワイパックス眠剤マイスリーくらいですね。これに躁が出そうな時期は躁対策の薬が加わりますが、とりあえず今のところは安定しているのでこれで済んでいる感じです。

で、皆さんの興味はというと「コンサータとかストラテラって効くの?」というところだと思うので、僕が感じた効果を書いていきますね。

コンサータ

集中力3割増し

事務処理なんかをしているときは「本当に助かるなぁ」と思います。僕は今基本的には営業マンなんですけど、事務処理や雑務もそれなりにやらないといけないので、コンサータなしに仕事は成り立たない…とまではいえないけれど、無いと辛いです。また、集中力といっても一つの物事に完全に没頭するタイプのものではなく、複数の流れの書類の処理をこなしながら電話応対をしつつメールを返していく、みたいなジャグリング系の仕事に効果を発揮します。

これは科学的根拠に乏しいのですが、短期記憶力も向上する気がします。「あれをこの仕事が一段落したらやろう」ということが多少出来るようになりますね。また、フットワークが軽くなるので「忘れないようにタスクを付箋に書いとこう」なども出来るようになります。これが出来ると集中が掻き乱されないので複合効果でさらに集中力が伸びていきます。

事務処理は一日にこなした量が定量化しやすいので、ある程度手帳にメモを書き付けるようにしてますが、コンサータを飲まなかった日と飲んだ日ではタスクの消化量に2~3割の差が出ます。たまに試験的に飲まずに出てみたりするのですが、何度やっても「やはりコンサータに金をかける価値はある」という結論になりますね。

昼間の眠気消滅

これが最もありがたい効果なのですが、業務中に襲ってくる睡魔がピタっと止みます。僕は昔「支店長と面談している最中に寝る」という大技をかましたくらい、日中の眠気がひどい人間だったのですが、どうもこれは発達障害由来の症状であったようで、コンサータを飲むようになってからは完全に消滅しました。これは本当に助かりましたね。

「興味が持てない情報をインプットする段になるととんでもない眠気が襲ってくる」という症状にお悩みの皆さんには試してみる価値がある効果だと思います。

動作性の改善

これも科学的根拠は微妙なのですが、コンサータを飲みだして妻に指摘されたこととしては「ギターが上手くなった」というのがあります。(まぁ、下手なんですけど、下手なりに)それに、例えば書類をクリップで整理したりホチキスでまとめたりといった作業も上手くなった気がします。僕は昔からこういった作業がとにかく苦手で下手だったんですが、最近は「出来ると楽しいなこれ」という気持ちが生まれて来ました。書類がピシっと角が揃った状態で整理されているのはとても気持ちがいい。この感覚も、コンサータを飲んでから生まれたもののような気がします。

意欲の向上には効果なし

先送り癖の改善には僕の場合全く効果がありませんでした。コンサータを飲んでいようと飲んでいまいと、物事に手をつける苦労はほとんど変わりません。そういう意味では、上司に監視されながら仕事をこなすみたいな状況下では効果を感じやすいけれど、自宅で一人仕事をしている、みたいな皆さんにはなかなかメリットを享受しにくい側面もあると思います。「やろう」と思ってから手をつけるまでの時間のラグにはほとんど改善は見られませんでした。また、性格が変わるような劇的な効果があるわけでもないので、夢の薬では全くないです。

 薬が切れるとガツっと落ちる

これはあります。コンサータの効き目は12時間と聞きますが、僕の場合は10時間程度ですね。仕事から帰ってきて1時間は虚脱しながらボーっとツイッターをするなどしています。大体ですが、7時にコンサータを飲んで19時~20時に帰宅するので帰宅してからブログを書くテンションに脳を持っていくのにはそれなりに苦労しています。コートを脱ぐ、というタスクすらままならないほど虚脱していることも多いです。残業などで仕事中に切れた時はカフェインで凌ぐのが必須ですね。カフェイン単体だと焦燥感が出てきてしまうことが多いので、安定剤とカフェインは常にポケットに入ってます。

発想力は2割減

これは良いことなのか悪いことなのか半々というところですが、ポンポンと思考が飛躍していくあの感じはかなり減ります。強烈な閃きやぶっ飛んだアイディアなどは出にくくなります。まぁ、今の生活でそういうものが必要なのはブログを書くときくらいなので特に問題はないのですが。思考が全体的に堅実になる感じがします。

他の副作用は特に感じていない

食欲の減衰とか色々副作用はあるとは聞きますが、僕の場合はほとんど感じてません。非常に助かっています。後述しますが、ストラテラが副作用地獄だったのでコンサータには本当に助けられました。

 

ストラテラ

頭の中で渦巻く思考がピタリと止む

これはポジティブな効果とも言えるのですが、ストラテラを飲んで一番驚いたのは「あ、俺今何も考えていない」という体験をしたことですね。僕は常に頭のなかであらゆる思考がごちゃ混ぜになりながら高速回転しているタイプです。また、それは音声のイメージを伴うので、完全に過集中に入っている時以外は目を覚ましている限り雑音が鳴り続ける場所にいるような感じです。また、その「何か」についても明確な一つの対象ではなく、漠然とした複線的な思考がとめどなく続くので、上手くコントロールが出来ないときなどは生きているだけでとんでもなく消耗します。

ストラテラを飲んでまず感じたのは「世界が静かだ」ということでした。これらがピタっとやんで、シーンと静まった思考がやってきたのは非常に驚きましたね。

感性が全く稼動しなくなる

これもポジティブな要素とも言えると思うんですが、音楽などを聴いてもあまり心にしみいってくる感じがなくなります。僕は音楽が流れていると常にその音楽について考えてしまって(正確に言うと、ボーカルがいて歌詞が聞き取れるとまずアウト。インストなら多少は大丈夫。特徴がありすぎるものは無理です)脳が全く稼動しなくなるんですが、ストラテラを飲むと「聞き流す」ことが可能になります。

また、他人に怒鳴られるなどの状況になってもパニックは起こしにくくなると思います。ちょっと距離をとって物事を見られるようになる、という感じもあるかもしれません。僕はいまストラテラを飲んでいませんが、このときに得た感覚は割りと人生に役に立っているなぁ、と思うこともあります。

強烈な無力感と自殺念慮、そして嗜眠

僕がストラテラを飲んでいた時期は人生が谷底に向かって転げ落ちていく時期でした。そのため、この副作用はストラテラが全て悪いというわけでもないかもしれません。しかし、これは強烈でした。何をする気力もなくなり、とにかく死にたいという気持ちが襲ってきました。思考自体は静まっているのですが、ベッタリとへばりつくような、とりつくところのない壁のような「死にたい」という感情が四六時中頭から離れなくなりました。この時期はひたすら眠りました。正確には仕事はしていたのですが、仕事が終わったら全てを放り出して眠っていました。眠っている時しか希死念慮から離れられなかったからです。とにかく「いくらでも寝られる。どれだけ寝ても寝足りない。起きていても死にたいだけだから目を覚ましたくない」という状態が果てしなく続いた時期でした。辛かったです。

食欲の強烈な減衰、排尿困難

肉体的にも様々な不調が出ました。最も困ったのはこの二つです。僕は体格のいい方で、滅多なことでは食欲を失わないのですが、ストラテラを飲んでいた時期は人生で最も食欲がなかったと言えると思います。食べられないんです。

また、感覚が靄がかかったようになっているので、何を食べても味がしない、正確に言うと「味覚」は正常に稼動しているのですが、「うまい」と感じた時に脳の中に分泌される幸せ成分が1ミリも出てこない、という感じでした。

また、現実的に一番困ったのがこれなんですが、「尿が出ない」という地獄のような症状が発生しました。排尿困難というやつですね。もちろん、「全くでない」というわけではないので時間をかければ排尿できないこともないんですが、大変に苦しいものでした。また、この手の薬にはありがちな話ですが、男性としての機能は完全に死にます。

効く人もいるとは思う

僕のストラテラに対する感想は概して非常にネガティブですが、「思考の奔流が止まる」「外界に対する過敏性が減る」といったクリティカルな効用が存在することもまた事実です。僕がストラテラを飲むことは多分もうないですが、飲んだことのない人は試してみるのもいいかもしれません。ただ、この文章を読めば大体察してもらえると思いますが、副作用が出た場合かなりキツいので専門医の下で飲んだ方が絶対に良いと思います。ストラテラ個人輸入でも購入できますが、余程薬の対応に慣れた人以外はお勧めはしません。

まとめ

そういわけでざくっとまとめるんですが、いいところも悪いところもありますし個人差も多分ものすごくあると思います。僕はコンサータが非常に適合しましたが、あなたはストラテラが合うかもしれない。幸か不幸か、ADHDの薬で日本で処方されるのはこの二つしかないので、とりあえず試してみる価値はあると思います。

僕のブログを読んでいる人で「薬に頼るな、毒だぞ」みたいなことをアレする人は多分いないと思うので、そういうことは書きませんが、使える可能性のある道具はとりあえず試してみるのがいいですよ。コンサータはもちろん、ストラテラでも人によっては目の悪い人が眼鏡をかけたくらいの効果は得られる可能性はあります。

最後に、コンサータにしてもストラテラにしてもあることなんですが、発想力や感性といった部分はどうしても犠牲になる気がします。僕も文章を書く際などについては、意図的にコンサータを抜いて書くようにしています。もちろん、文章の読みやすさや体裁を整えるなどの作業は当然コンサータがあったほうがやりやすいと思うのですが、文章のコアになる発想がどうしても出にくくはなります。うまく使い分けてやっていけたらいいですね。

やっていきましょう。

残念な新卒のための生存手引書(実践編応用2 雑談、飲み会、コミュニケーション)

コミュ障過ぎて先輩と話が全く合いません

梅毒増殖中さんからのお便りです。名前に勢いがあり過ぎるのはともかく、僕もこれは悩みました。僕は結構喋るタチなんですが、会話の盛り上げに失敗して気まずい沈黙がずっと続くあれは大変辛いものですし、当然ながら芳しい評価につながることはまずありません。職場の先輩などは結構長い時間一緒に過ごす存在ですからストレスもどんどん溜まっていきます。大変辛い。逆に言えば、上司や先輩に「コイツと喋るのめっちゃ楽しいな」と思わせておけばかなりのメリットが見込めるわけです。是非とも抑えておきたいポイントです。なんならこの能力だけで1~2年は生き残れたりします。極めていくと単体でメシが食える技術ですので大変奥深いものがありますが、基本を抑えてコミュニケーションの方向性を切り替えるだけで結構利益が見込める技術だったりもします。わりと即効で効果が出ることもありますし。

今日はそういう内容を書いていこうと思います。

尚、応用編に入ってからの本ブログの内容はわりと難度がハネ上がってます。「定型発達者でも難しいだろこんなん」という話はその通りです。しかし、頭の隅に入れておいて損をする話でもないと思います。完璧にやり遂げようとは思わず、なんとなーく意識してみるなどの距離感が適正だと思います。

コミュニケーションは喋らせるゲーム

 まず、前提です。「良いコミュニケーション」とは「楽しく喋れる」ことではないということです。いや、正確に言えばこれは定義の問題ですので「自分が気持ちよく喋れるのが良いコミュニケーション」という定義もアリです。しかし、新卒の皆さんは自分が気持ちよく喋れればそれでいいという意識でコミュニケーションを捉えるのは不可能でしょう。この場合、コミュニケーションの目的はそれを行うことによって利益を得るということになります。

要するに、上司や先輩と「良好なコミュニケーションをすることで得をする」ということですね。「うまいこと気に入られて得をする」に読み替えてもいいです。この結果を狙う場合、「当意即妙な受け答え」とか「示唆に富む発言」とかそういうのは必要ありません。むしろなるべくやらない方がいいです。必要なのは相手に対して「こいつは俺の話を真面目に聞いて敬意を持っている」と感じさせることだけです。

というのもですね、これは前に書いた「ガン詰め」エントリと同じ概念なのですが、人間というのは基本的に承認欲求の塊です。何かを喋った結果誰かに認められて承認されるというのは凄まじい快感です。あなたの上司や先輩も例外ではありません。

人間が複数人でそれぞれ喋りたいことを喋った結果全員が楽しいというのは、ある種の奇跡です。ある時代、ある場所で、ある条件が揃ったとき起きる美しい奇跡です。狙ってやれることではありません。しかし、人間はついこの状態を目指して喋ってしまう悪癖があります。また、喋ることによって得られる承認は麻薬のように脳を麻痺させるので、ついつい人間は「自分の喋りたいことを喋って」しまいます。

わかってきましたね。要するに、欲しいものを与えてやればいいのです。人間は基本的にチンパンジーとあんまり変わらないので、ボタンを押したら飴玉が出てくるマシーンを連打してしまう機能があります。僕が無限にツイッターで喋り続けているのを見たらわかりますよね。この状態に相手をネジ込めばコミュニケーションは勝ちなのです。

 

今日は楽しく喋ったなぁ、は負けフラグ

たとえば、あなたはある会社の新卒で、今日は新人歓迎会でした。ジャンジャン酒を注がれ「君には期待している」「会社に新しい風を吹き込んでくれ」「組織に染まるなよ!」などの嬉しい言葉をグイングイン注入され、あなたは大変気持ちよく喋りまくり、ほろ酔い気分で帰途につきました。「楽しかった、明日から頑張ろう、自分らしさを出して行こう」などの気持ちが湧き上がってくると思います。これが典型的な負けフラグです。結構な確率で悲惨な未来が待っていると思います。

これは経営者になって気づいたのですが、大抵の経営者は、同じ経営者として接する限りにおいて、腰が異常に低いです。(例外もいますがこれは後で詳しく語ります)喫茶店で打ち合わせをした後は基本的に領収書ビーチフラッグが開催され、とにかく金を払いたがります。漫画や小説に出てくるような傲然とふんぞり返った悪い経営者なんてほとんど存在しません。(たまにいますが、後述)僕のようなポッと出の若手経営者でも金の匂いをさせている限りは、かなり大物の経営者を相手どっても「君はすごい、応援している、私なんかただのショボいおっさんだ君には到底敵わないよ」という姿勢で遇されることが多かったです。これが調子に乗った若手を粉砕する社会のミキサーです。

ニュアンスは伝わりましたでしょうか。

もう少し経営者の話を続けましょう。経営者というのは、基本的に常時殺し合いをしているタイプの部族です。もちろん協力関係を形成することもありますが、基本的に行動のベクトルは「利益」に固定されています。要するに、合法の範囲であれば人間をハメたり背中から刺したりすることも日常の範囲であり業務の一部なのです。彼らがその殺し合いの中で長い時間をかけて最適化していったコミュニケーションスタイルがこれです。落とし穴に落とされず、背中を他人に見せず、殺されずに殺すためのスタイルです。

剥き出しの人間の闘争が結果としてこのようなコミュニケーションスタイルを生むというのは大変不思議なことですが、大体起業して2年もたって適当にボッコボコにされて何回か修羅場を抜けると、傲慢だった若手もかなりの割合がこのスタイルに落ち着いていることが多いです。さもなければ死にます。(死ぬ方が多いです)彼らはお中元やお歳暮を決して忘れず、機会さえあれば他人への感謝と敬意を口に出し、他人を諸手を上げて賞賛します。そして、適当なタイミングで見事に背後から殺してのけます。

ニュアンスは伝わりましたでしょうか。

彼らは決して「自分が気持ちよく喋る」ことに注力しません。相手を気持ちよく喋らせ、海底の砂の中に住むグロテスクな魚みたいに機会を伺います。自分より強い存在を丸ごと食うためです。これは捕食者の作法です。彼らはひたすら相手を「気持ちよく喋らせる」ことに注力します。そしてコミュニケーションのイニシアチブを確保します。相手に「喋りたい」という感情を持たせることで支配するのです。コミュニケーションにおいて強者であるためには、捕食者の作法を身につけることが重要です。

逆に、自分が気持ちよく喋ってしまった場合は「負けた」と認識してください。あなたは踊らされたのです。

喋らせる技術

さて、実際にやるにはどうすればいいのか。一番シンプルな方法は、相手を尊敬することです。心の底から何の曇りもない敬意を相手に対して持つのが一番簡単です。しかし、好意を持っていない相手にそれを行うのは難しいでしょう。しかし演じてください。演じる努力をしてください。人間というのは大変面白い機能を脳に搭載していて、本気で演じれば段々本音と建前の境目が不明瞭になってきます。しかし、不思議なことに「こいつを殺せば儲かる」という段になると、スパっと演技の衣を脱ぎ捨てることが出来ます。演技に没頭してください。数をこなせば次第にできるようになっていきます。

まず、あなたが取り入るべき相手の「すごいところ」を探してください。あなたがド新人のペーペーならすぐに見つかるはずです。見つからないのは観察が足りないからです。組織で一定の期間生き延びて来た人間である、という点一つをとっても敬意に値するはずです。もしあなたがその人間に対して「殺したい」という感情を抱いていたとしても、尊敬すべき美点を必死に探してください。「殺す」という目的意識を前提にしても、それが一番手っ取り早い行動です。

人間を知りましょう。知る努力をしましょう。敬意を持って話を聞きましょう。「面白い話をする」スキルより「他人の話を面白く聞ける」スキルの方がずっと人生に於いて有益なんです。初手は、相手に個人情報をとにかく吐き出させることに注力するのがお勧めです。何を好み、何を嫌い、何に怒りを覚える人間なのかを知らないことには対策も立てようがありません。

話を聞いて貰うというのはものすごい快感です。たいていの人間はこの欲望を拭い去ることはまず出来ません。これはサイコパス野郎であろうがなんだろうがそうです。「一杯行こうや」と上司や先輩に言われた時点で相手は欲望を曝け出してるに等しいのです。人間というのは常に自分が気持ちよく喋れる相手を探しています。人生の大半をこの作業に費やす人間だって珍しくありません。上手に踊る人間より上手に踊らせる人間を目指してください。

 

話題を合わせる

これは大変重要な作法です。というのも、人間というのは「喋りたい話題」を抱えている生き物です。同じ話題で喋れる人間に親近感を持たない方が難しいです。しかし、この作法を完璧にこなすにはこの世の全ての知識に通じている必要があります。(昔、まだ僕が良い背広を着て誇らしい名刺を持っていた頃に連れていかれたクソ高いクラブのホステスさんは毎朝主要4紙に目を通すと言ってました。もちろん知識の幅を広げる努力それ自体は必要です)

では、相手が自分の知らない話題を振って来た時にどうすればいいか。簡単です。「その話題に興味を持つ」ことさえ出来ればクリア出来るんです。目をキラキラさせて自分の話を聞いてくれる人間を拒否するのは相当難しいことです。逆に、うろ覚えの知識で話題を合わせるなどは逆効果です。知ったかぶりは簡単に見抜かれます。(ただし、うろ覚えの知識を敢えて開陳して相手に突っ込みを入れさせ感服したポーズを見せるというポピュラーな技はあります)

他人の話というのは概してつまらないです。敬意を持てない相手の話なら尚更でしょう。しかし、面白く聞く努力をしてください。質問をしてください。ピントを外してもいいです。ズレた質問をしてもいいです。それはしょうがないです。質問のピントが的を射ていることで評価を獲得するなどという高等テクはもう少しレベルを上げてからでいい。ド新人が目指すべきはそれではない。まずは「気持ちよく喋れる相手」と認識されてください。これさえ確保すれば仕事を教わるのが非常に楽になります。

ある程度、上司や先輩と話題を合わせるために時間とコストを投下するのも実は効果があります。クソデキ新卒をよく観察してみてください。「あのラーメン屋がうまい」と言われれば彼らは音速で食いに行きますし、「あのミュージシャンが良い」という話を聞けば速攻でyoutubeに走ります。これはデキる人間は多かれ少なかれ大体やってます。そして、投下したコストは結構見合います。コストとリターンのバランスを気にしながらやってみてください。

しかし、繰り返しになりますがそれをやるためにはまず相手を知る必要があります。まずは、敬意と興味を持って相手に個人情報を吐き出させてください。これさえ出来れば勝ったようなもんです。逆に、人間にコントロールされることを恐れているタイプの抑制と警戒心の強い人間はこの時点でブレーキをかけてきます。しかし、ド新人の新卒というのはどうあがいても「ナメられる」存在です。こういう相手に抑制を効かせるのは存外難しい。どんどん喋らせましょう。コミュニケーションのイニシアチブを握りましょう。「喋りたい」という気持ちを相手に起こさせた時点であなたの勝ちです。逆に「僕の話なんかつまらないよ、君の話は面白いからどんどん話してくれ」という上司や先輩に遭遇した場合は警戒心をMAXまで引き上げてください。そいつはクソ怖いです。

 

例外の話

ここまで僕のコミュニケーションの話は「相手の喋りたい、承認されたいという欲求を上手く刺激して言語外でコミュニケーションのイニシアチブを握る」という方向に特化してきました。しかし、これと全く逆の方向性でコミュニケーションを支配する技術も実はあります。(新卒という立場ではまず実行出来ませんが)

要するに教祖型ですね。ガンガン喋って相手を感服させるスタイルです。僕が今このブログでやっていることもこれに近いと思います。ある種の発達障害を持つ人間にはこれが異常に得意な人間も多いと思います。少なくとも「自分が喋ると気づいたら独演会になっているか、完全に話題からはぐれて無言で酒を啜ってるしかない」という症状を持っている皆さんは結構多いと思います。

これはコミュニケーションの方向性を間違わせる危険な能力です。僕も「良いコミュニケーションとは、人間が僕の話題に感服してくれている状態」という誤解を結構長い間有していました。最悪ですね。こんなん新卒で来たら殺すしかない。

しかし稀に、この能力をフルバーストさせて社会を駆け上がっていくモンスターが存在します。(僕は駆け上がろうとして叩き落されました)経営者界隈にもたまにいます。「傲然とふんぞり返った悪い経営者」のイメージは彼らによるものでしょう。彼らのコミュニケーションスタイルですが、基本的には絶対に真似しないでください。「カリスマ」「異端者」などの称号は格好いいですし、「ああなりたい」と思わせるだけの圧倒的な魅力を彼らは有していますが、あれは特殊技能です。努力で習得出来るものでは通常ありません。(そもそも彼ら自体がカリスマを演じているのは外面だけで、社交の席ではペコペコしているなどもよくあります)

しかし、彼らは自己顕示欲が非常に強いので本などをよく書きます。新卒を致死的な罠に誘導するウィルオウィスプです。あなたが誰にも真似できない特殊技能を有している場合などには良い可能性もありますが、基本的には絶対にあっちに進んだらだめです。死にます。僕を見たらわかるだろ?見事に死んだぞ?

あなたがこの方向で突き進みたいというなら、僕は止めはしません。僕みたいな敗残者の言葉などどうせ耳に入らないだろうし、あなたが見事に勝利を射止める可能性だってゼロじゃない。心から応援してる。でも、「自分は圧倒的に優れた人間ではない」という確信がある皆さんはこの方向性はよした方がいいです。「友人は多くないが、たまに自分を圧倒的に信頼する信者が発生する」という皆さん、結構いると思います。あなたの教祖特性が本当に社会に通じるのか、じっくり検討してみてください。

まぁ、これで勝てるなら勝ったらいいと思うし応援してる。どうせ止めても止まんねーし。そういう皆さんは僕を全力であざ笑ってると思うけど、それはそれでいい。あなたが勝利を収めることを僕は祈ってるし、負けた時はいつでも戻ってきてください。死なないでね。死んだらダメだよ。

 

かといって常にこれやってたら人生がアレになる

はい。まぁ、そういう内容だったわけですが、僕が常にコレをやってるかというとそうでもないです。だって、私生活でまで自分を出さずに相手の背後を取ること考えてたら辛いじゃないですか。利益を狙いに行くシーンでは利益を狙い、そうでないシーンでは気持ちよく喋る。この切り替えが大事だと思います。

人間がお互いに喋りたい話題を喋った結果、二人とも楽しいという奇跡。僕はあれが大好きです。素晴らしいことだと思います。(もちろん、人間が本当に楽しんでいるかなんて知りようがないんですから僕の幻想の場合も多々あると思うんですが)それが出来る間柄の人間を持てるか持てないかは、人生の価値を大きく左右する一大事だと思います。

まぁ、あとですね。ささやかながら僕の財産としてポケットに残ったおしゃべりクソ野郎属性、まぁ教祖特性とか適当に名前つけましたけど。これを発動させた方が得をする可能性があるシーンも無くはない。一発狙いに行くシーンですね。具体的に言うと、カドカワさんから書籍化の話が来た時とか、それに伴ってブログを書いてる時とかね。ありのままの自分を出して愛される!これより素晴らしいことはない!僕を愛せ!ブログにアクセスしろ!その上で印税も発生させてくれ!幸せにしてくれ!出資者に金を返したいんだ!

まー、深夜にダーっと書くことの多いブログやツイッターで自分を殺しきるなんて不可能に近いですからね。要するにコミュニケーションの方向性の使い分けなんですよ。そういうわけで、私生活でまでコレやるのは本当にオススメしないです。ありのままの自分を出して楽しんでもらえる間柄の人間を作る方が大事です。何も考えずに喋りたいことを喋りまくって、相手も同じように振舞って、二人とも楽しくて仕方ない。涙が出るほど素晴らしい時間じゃないですか。そういう時間がかつて僕にもあったことを思い出して涙が出てきた。僕が今日書いたようなスキルを用いて何百人上っ面の友人作ろうと、たった一人のこの相手に勝るもんじゃ絶対にないですよ。

しかし、金と社会的地位を確保しにいく職場でのコミュニケーションはそういうものではないです。(職場でありのままの自分でいられて金も地位も得られるならそれは最高の職場ですので極めつけの幸運ですが)しっかりと相手の背後を取り、支配することを狙ってください。

やっていきましょう。